協会案内 > 三重県体操協会史
<6>体操三重一般男子東海・全国レベル時代(1952〜1954)

1952年(S27)頃から日本の経済力は急激に伸び始め、社会生活・文化・教育等にもゆとりが出てきた中で、スポーツ界は 戦後初めてのヘルシンキ五輪参加に喜んだ。分けても体操日本は夜が明けた。戦前の苦難の時代とはうってかわった栄光の 時代のスタートだった。そんな時代に話が三重県においても一般男子(成年)が東海を制し、三重大学体操競技部がインカレ 1部校で活躍した。一方、高校勢はまだ旧制の伝統のある学校が県内では上位を占めていた。当時の一般男子では 山田・岩本・本広・池田・池上(三重大)後藤(早大)浅山・前田(東教大)らが活躍した。

1952年(S27)第2回三重県高校総体

男子 団体総合 1位 津 2位 山商 3位 四日市
男子 個人総合 1位 小野(津) 2位 斉藤(山商) 3位 木村(津実)
女子 団体総合  1位 四日市 2位 津 3位 尾鷲
女子 個人総合  1位 谷口(津) 2位 二郷(尾鷲) 3位 竹村(四日市)

同年 全日本学生選手権団体総合 二部優勝・一部8位 三重大(山田・岩本・池田・池上)

同年 東海大会 一般男子 1位 三重(家崎・都留・山田・岩本)

同年 第7回国体 一般男子 10位 三重


1953年(S28)第3回三重県高校総体
男子 団体総合  1位 四日市 2位 津 3位 上野
男子 個人総合 1位 笠田
女子 団体総合  1位 津 2位 四日市 3位 山高
女子 個人総合  1位 谷口

同年 第1回東海国立大学総体 1位 三重大学(池田・本弘・池上・鈴木)

同年 東海大会 一般男子 1位 三重(都留・山田・岩本・浅山・後藤)

同年 第8回国体 一般男子 9位 三重


1954年(S29)第4回三重県高校総体
男子 団体総合  1位 四日市 2位 津 3位 山田
男子 個人総合 1位 落合
女子 団体総合  1位 津 2位 四日市 3位 山田
女子 個人総合  1位 斎木

同年 第2回東海国立大学総体 1位 三重大学(岩本・池田・池上・樋口)

同年 第1回中日本インカレ 1位 三重大学・個人総合1位 岩本 2位 池田

同年 東海大会を三年連続で静止、第9回国体・北海道に8位入賞。(監督=角・選手=山田・岩本・浅山・池田)

1954年第1回中日本インカレ優勝カップを手に池田(左)岩本(右)
1954年第9回国民体育大会(北海道)に48時間(国鉄臨時国体列車)で揺られ、ふらふら状態で、 仮眠とり遅刻ぎみで会場に着き、すぐ演技。8位入賞。ぐったりする三重県チーム(左から 岩本・浅山 ・池田・山田)


(掲載日 2008年09月23日)

≪≪ 前へ

 次回をお楽しみに!!